腎臓病は食事で改善しよう|プロ栄養士のススメ

先生

病状に配慮した食事

手軽に健康管理

女性

腎臓病を発症すると、病状のコントロールを図るために、きめ細かな食事制限が必要になります。とくに、タンパク質においてはその摂取量に厳しい制限が求められます。人口透析を必要とする腎臓病の場合、1日において口にして良いタンパク質の量のめやすは20gから9gの範囲内です。しかし、高齢者や料理が苦手な人は、このような摂取基準を満たした献立を考えることが困難です。身体が不自由な人に至っては、食材の買い物も容易ではありません。そこで、腎臓病食の宅配サービスが便利です。これは、タンパク質の摂取量の目安に沿った食事を、スタッフが自宅まで届けるサービス内容です。腎臓病食の宅配サービスは、短期間の利用よりも長期間の利用の方がお得な価格であることが多いです。きちんと料金の比較を行ない、短期コースか長期コースか検討しましょう。

おせち料理もあります

腎臓病食の宅配の需要は増えています。そのため、送料や支払手数料を割引したり、無料化したりしている業者が増えつつあります。宅配サービスを長期的に利用すると考えた場合、送料や支払手数料がかからないのは大きなメリットといえます。また、腎臓病食の宅配サービス業者によっては、おせち料理の用意もあります。腎臓病による食事制限があると、食べられる食材や量が限られてしまいます。そのため、食事を楽しむ機会が減少しがちです。しかし、腎臓病食の宅配サービス業者によっては、おせち料理なども祝い膳も用意しています。それによって、季節感のある食事を楽しめるとともに、食べる楽しさも味わうことがあります。冷凍状態で届けられるので、食材が傷む心配もありません。